ナビゲーションスキップ

サービスの紹介

サーバ仮想化導入サービス

今日、多くの企業でITコスト削減が取り組まれている中で、サーバ環境の適正化は、効果的な対応の一つとされています。また一方、サーバ環境には、業務に合わせて対応できる、迅速さ・柔軟さも望まれています。これらを解決できるソリューションとして「サーバ仮想化」が注目されています。
弊社は、長年にわたり、数々のお客様に仮想化基盤を導入したノウハウ・実績があります。また、VMwareのソリューション・プロバイダ・パートナーとして、仮想化効果のアセスメントから、提案・設計構築・物理サーバの移行、運用管理までのお客様の課題解決をワンストップで、強力にご支援をいたします。

サーバ仮想化導入のメリット

サーバ仮想化とは、物理サーバ上に論理的な区画(仮想サーバ)を作成し、物理サーバのCPU・メモリー・ハードディスクの資源を、個々の仮想サーバに必要な分だけ割り当てる仕組みのことです。
仮想サーバは、それぞれでOSやアプリケーションを実行するので、あたかも独立したサーバのように取り扱うことができます。また、物理サーバの資源は、個々の仮想サーバに必要だけ割当てることができるので、物理サーバの資源をより効率良く利用することができます。


物理サーバの台数を削減
  • 物理サーバの削減は、保守費用、電気料金、設置スペースの削減につながり、運用管理コストの削減につながります。

迅速性・柔軟性の向上
  • 物理機器の納品を待つ必要が無くなり、迅速性が向上します。
  • 仮想サーバのリソース変更は、プールよりリソースの割当てを変更するのみで対応することができます。
  • 仮想サーバはファイルとして保存されます。物理構成に左右されることなく稼働させることができるため、BCP対策に最適です。

物理サーバの老朽化の救済
  • ハードウェア保守がないような古い物理サーバは、仮想化移行することで、システムを改修することなく、新しいハードウェアで継続利用することが可能です。


サーバ仮想化導入の流れ

アセスメント(ITダイエット) では、ITダイエットの結果から、最適なキャパシティでありながら、低コストにも意識した製品を選定しご提案します。設計・構築フェーズでは、仮想化導入の実績に基づいた、適切な設計・構築作業をご提供します。P2V移行においては、移行ツールを用いたサーバの仮想化を行います。運用開始後は、リモート監視をはじめとする運用サポート、システム一括保守なども承ります。システムのライフサイクルすべてにわたるサポートをワンストップで提供します。

vserver01.png


無償アセスメント「ITダイエット」

ITダイエットとは、サーバ仮想化の前に、お客様環境のサーバー情報と一定期間のパフォーマンス・データ収集し、分析の上、仮想化の構成の目安をレポートさせて頂く、無償の仮想化アセスメント・サービスです。
今まで、仮想化に向けたアセスメント実施に踏み切れなかったお客様は、当社の「ITダイエット」を是非ご活用ください。


現行サーバ環境の使用状況を可視化できる
  • サーバ環境の物理リソースの使用状況を可視化し、傾向を把握することができます。

仮想化に最適なリソース量を事前に算出できる
  • 仮想化シミュレーションを行い、必要な物理リソース量を算出することで、無駄のない最適な仮想環境のプランニングを可能にします。

無償でアセスメントを行える
  • サーバ仮想化のためのアセスメントを、お客様にご負担を掛けることなく、弊社が無償で対応させて頂きます。
  • 東京:03-3536-3439
  • 福岡:092-283-3901
  • 受付時間 平日 9:30~17:00まで
  • 【東京本社】
    〒104-0054 東京都中央区勝どき6-5-23 山九ビル
    TEL.03-3536-3439 FAX.03-3536-3486

お気軽にお問い合せください

  • セミナー情報について
  • メールでのお問い合せ
このページのTOPへ戻る